東京支部懇親会レポート

Tokyo22
11月18日三田キャンパス内慶應義塾ファカルティクラブで開催された「札幌三田会東京支部」のレポートを、大滝先輩(昭和43卒、体育会野球部)より送っていただきましので紹介します。

当日の写真は、幹事の島村さん(昭和43商卒)からCDで沢山送っていただきました。本ブログ内のマイフォト(アルバム)に掲載してますのでご覧願います。(容量の関係上全部掲載できなかったことをご了承願います。)【じ】

——————————————————————

  • 11月18日札幌三田会東京支部懇親会へ出席いたしました。大江先輩より特段のお誘いと、同期の島村君からも要請があり行ってきました。
  • 運良く塾高野球の神宮大会決勝戦とも重なり、幸運にも塾高は優勝。春の選抜、夏の甲子園に続き、新チームで関東大会、神宮大会と4大会連続の出場です。来年春の選抜出場も確定と思われます。 但し、神宮大会の優勝は明治神宮の神様が、「塾創立150年周年の記念」としてくださったもの??全国制覇が出来る戦力ではないと思います。大学の野球部、ラグビー部がなかなか勝てないので、ご配慮下さったのでしょう。
  • 懇親会は、三田構内の以前「山食」が在った場所に、パレスホテルが運営する「ファカルティ・クラブ」にて、18時30分から28名の出席で開催されました。
  • 全員から近況報告があり、多くの方が、「150年周年記念式典」の話題でした。時は変われど、「塾で共に学んだ誇りと幸せ感」を共有し、確認できた素晴らしく楽しい三田会でした。「慶応讃歌」「丘の上」「若き血」の3曲で〆でした。
  • 二次会は銀座ではなく、「三田慶応通り」の居酒屋。10名程度の参加でこれもなかなかよろしかった。23時過ぎ終電車へ余裕をもって散会。(高齢者が多いので、駅の階段を走れない為)

<出席者>(敬称略、五十音順)
飯島保男、井上勇、岩田孟春、大江秀圀、大滝隆太(ゲスト)、小笠原務、岡田光平、岡田宏司、栗原俊一、小林米幸(ゲスト)、小林敏興、佐藤崇、島村邦雄、住田守弘、田中秀穂、田中平三郎、田村宗英、田村卓司、對馬好一、林荘祐、平柳邦生、福田博仁、堀田克之、増田誠一、見崎一郎、三橋健二、山口巖、吉成洋
以上28名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です