第49回北海道連合三田会 函館大会のご案内

立夏の候、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、函館三田会より第49回北海道連合三田会函館大会のお知らせが届きましたので、ご案内いたします。

日 時   平成29年8月19日(土)
塾長講演  午後4:00~4:40
懇親会 午後4:50~7:00
(維持会役員会は午後3:00~3:45)
会 場   函館 湯の川温泉 花びしホテル 2階 芙蓉の間
電話 0138 57 0131
会 費   10,000円

会員の皆様には郵送にて案内と申込書をお送りしております。
出席を希望される方は7月28日までに、事務局までお申し込みください。

【貴】

第48回北海道連合三田会札幌大会

8月20日(土)、第48回北海道連合三田会札幌大会が 当三田会のホストのもと、
札幌グランドホテルにて盛大に開催され ました。参加者は 清家 篤 塾長はじめ塾来賓4名、
帯広7名、函館6名、小樽11名、苫小牧3名、室蘭1名、釧路3名、 札幌46名、総勢81名
でした。(司会進行は常任幹事の中田美知子さん。旭川三田会は台風のため欠席)

第一部 塾長講演会 慶應義塾 清家 篤 塾長
演題 「バランスのとれた総合大学に」
塾長講演会では、
「ハーバード大学の創立300年の式典に出席した当時の小泉信三塾長は、ジェイムス・コナント大学総長が語った式辞に大いに感銘を受けたそうです。それは大学の将来に欠かせない4つの要素として①学問の発展 ②教養教育 ③高度専門職教育 ④健全な学生生活 を挙げられ、しかもどれも強み弱みがあってはならない、バランスがとれてなくてはならない、と述べられています。大学の在り方として、どれか一つに特化して特徴を出していくという選択肢もありますが慶應義塾のような総合大学にとっては、どれも大切なものを捨てることなく、その良きバランスをとることが、福澤先生の学問に対する考えと合致しているものと考えます。今後も多様性のある優秀な学生を集めるために奨学金制度の充実や、多様な学び方をできる学校づくりを行い、バランスのとれた学生をこれからも育成していきたい」とのお話を頂きました。
尚、清家塾長は来年5月に8年の任期を終えられるため、今回が最後のご講演となりました。
IMG_1309 IMG_1313
第二部 懇親会
挨拶・乾杯 札幌三田会   会長 今井 國雄
懇 親   道内各地三田会   近況報告
エール   応援歌「若き血」斉唱
IMG_1317    IMG_1315

IMG_1320懇親会は、今井会長の歓迎のご挨拶と乾杯で
始まりました。その後は、美味しい料理 を
楽しみながら、林美香子教授のスピーチ や、
恒例の道内各地三田会からの近況報告で大いに
親睦を深めました。最後は小泉 常任幹事の
リードで、元気よく「若き血」 を全員で 斉唱し、
次回開催地 函館三田会 山崎会長 の中締めで
閉会いたしました。
【あ】

第48回北海道連合三田会札幌大会のお知らせ

会員各位

札幌三田会
会長 今井 國雄

謹啓 盛夏の候 皆様におかれましてはますますご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。
さて本年は、札幌にて清家 篤塾長をお迎えして第48回北海道連合三田会札幌大会を開催することになりましたので、ご案内申し上げます。

敬具

日 時  平成28年8月20日(土)
・塾長講演 16:00~17:00
・懇親会  17:10~19:00
会 場  札幌グランドホテル 3階 銀扇の間
札幌市中央区北1条西4丁目(011-261-3311)
会 費  10,000円
締 切  8月2日(火)

※ 出席の返事を出された方で、欠席される場合は事務局(011-200-9097)へ必ずご連絡願います。
8月17日(水)までに連絡なくご欠席の場合、後日会費分を請求させていただきますので、ご了承ください。

※ 8月は月例会を休会します。

※ご案内の通知文を郵送しております。事前に出欠を返信用はがきにてお知らせ願います。
尚、入会ご希望の方およびご案内の通知文が届いていない方は事務局までご連絡下さい。

【貴】

第47回北海道連合三田会帯広大会

9月26日(土)、第47回北海道連合三田会帯広大会が帯広三田会のホストのもと、
ホテル日航ノースランド帯広にて盛大に開催されました。参加者は 清家 篤 塾長を
はじめ塾来賓5名、帯広18名、函館4名、苫小牧1名、小樽2名、旭川2名、釧路5名
札幌16名、総勢53名でした。プログラムは次の通り。

第一部 塾長講演会 「平等の慶應社中」

塾長講演会では、昨年、文部科学省のスーパーグローバル創成支援事業に慶應義塾が
「実学(サイエンス)によって地球社会の持続可能性を高める」というテーマで応募
したところ、幸いにも世界トップの研究大学の一つとして採択されたことについて
話された後、慶應義塾が大学部の設置から125年を迎えた今、良い大学の指標とは、
①卒業生が地域社会、企業、家庭における多くの場面で、どれだけ地球社会を良くする
ために貢献をされているか、また、②卒業生がずっと学校のことを思い続けてくれるか
どうかだと考えます。大学では「半学半教」で「多事争論」しあう、一人一人が尊重され、
平等である社中という(三田会も社中のひとつ)、これまで慶應義塾が大切にしてきた
考え方を思い起こしながら、これからも教職員、塾生、塾員一体となって、教育・研究に
取り組んでいきたい、とのお話を頂きました。
conv0030
第二部 懇親会
懇親会は、フルートの生演奏が奏でられる中、帯広三田会田中会長の歓迎のご挨拶の後、
中島副会長の乾杯で始まりました。帯広近郊の食材(チーズ・長いも・新得そば・豚丼等)
を集めた美味しいお料理と共に、道内各地三田会の近況報告など、会場は最後まで大いに
盛り上がり、次回開催地の札幌三田会今井会長の中締めで閉会となりました。
conv0032 conv0031
conv0036 conv0034
【あ】

 

北海道連合三田会 帯広大会のご案内

第47回北海道連合三田会は、帯広三田会のお世話で
清家塾長をお迎えして下記の通り開催されることになりました。
昨年の札幌大会同様、札幌三田会会員の皆様の多数のご参加を
お待ちしています。

・日 時  9月26日(土)
16:00  塾長ご講演  17:10  懇親会
・会 場  ホテル日航ノースランド北海道
住所 帯広市西2条南13丁目1  ℡ 0155-24-1234
※ JR帯広駅に隣接しています
・会 費  10,000円
・締 切  8月17日(月) 札幌三田会事務局までお申込下さい
尚、出席の返事を出された方で、欠席される場合は
必ずご連絡願います
・連絡先  電 話   011-200-9097
Eメール   jimukyoku@sapporo-mitakai.sakura.ne.jp

※ 8月は月例会を休会します

【あ】

第46回北海道連合三田会札幌大会

8月23日(土)、第46回北海道連合三田会札幌大会が
当三田会のホストのもと、札幌グランドホテルにて盛大に開催され
ました。参加者は 清家 篤 塾長はじめ塾来賓4名、旭川5名、
帯広6名、函館4名、小樽11名、苫小牧7名、室蘭2名、釧路3名、
札幌43名、総勢85名でした。プログラムは次の通り。
(敬称略。司会進行は常任幹事の中田美知子さん)

第一部  塾長講演会
  塾長講演 慶應義塾 清家 篤 塾長
   演題 「独立した個人の「私(わたくし)」と「公(おおやけ)」」
1 Photo 4
塾長講演会では、
 「今日の大きな変化と国際化の時代に求められる人材とは、
  新しい状況を理解し、自らの頭で考え、問題を解決できる力が
  何よりも大切であること、また国際化が進む中で、自分というもの
  を持って、異文化にも柔軟に対応することができること、だと思い
    ます。人に頼らず生活出来る人、誰かの言いなりにならない人、
    自分の考えに従って行動出来る人、こうした自由で独立した個人
  の存在は、近代社会の必要条件と言えますが、ともすると、自分
  や家族など狭い範囲の人たちに関心が集まり、公共への関心や
  社会との関わりが薄れてしまう恐れがあります(独裁者)。個人が
  自由で独立した生活をするためには、やはり、他の人との協力や
  助け合いが欠かせません。 トクビルという政治家は、その方策と
  して、社会(コミュニティ)への参加や、クラブなど任意団体への参加の
  重要性を説きましたが、福澤先生は、社会(society)のことを
  「人間(じんかん)交際」と訳しており、この「三田会」の存在は、
  独立した個人による、まさしく理想的な「人間交際」の場と言える
  でしょう。慶應義塾のあり方も「半学半教」の伝統とともに、塾生、
  教職員、そして塾員の皆様の手助けもいただきながら、そうであり
  たいと考えています。」 とのお話を頂きました。
 
第二部  懇親会
  塾歌 斉唱
  挨拶・乾杯   札幌三田会   会長 今井 國雄
  懇 親    道内各地三田会   近況報告
          コンサドーレ札幌 応援パフォーマンス                 
  エール    応援歌「若き血」斉唱
               札幌三田会    常任幹事 小泉  光
  中締め        帯広三田会    会長 田中 一郎
5 Photo_2 Photo_4
Photo_5 Photo_6 Photo_7
懇親会は、今井会長の歓迎のご挨拶と乾杯で始まり、
恒例の道内各地三田会からの近況報告の後、
コンサドーレ札幌の野々村社長(平7法卒)が登場。
コンサドールズの応援パフォーマンスに会場は大いに
盛り上がりました。 

Photo_9最後は小泉常任幹事のリードにコンサドールズ
の応援も加わり、元気よく「若き血」を全員で
斉唱し、次回開催地 帯広三田会 田中会長
の中締めで閉会いたしました。
【あ】 

北海道連合三田会 札幌大会のご案内

第46回北海道連合三田会は、今年は札幌での開催となります。
塾からは清家塾長をはじめ、4名様をお迎えする予定です。
昨年の釧路大会同様、札幌三田会会員の皆様の多数のご参加を
お待ちしています。

 ・日 時  8月23日(土)
          16:00  塾長ご講演  17:00  懇親会
 ・会 場  札幌グランドホテル 3階 銀扇の間 
                  住所 札幌市中央区北1条西4丁目 ℡ 011-261-3311        
            
 ・会 費  10,000円 
 ・締 切  8月5日(火) 札幌三田会事務局までお申込下さい
 
        尚、出席の返事を出された方で、欠席される場合は
        8月18日(月)までに必ずご連絡願います
 ・連絡先  電 話   011-200-9097
         Eメール   jimukyoku@sapporo-mitakai.sakura.ne.jp
  

 
※ 8月は月例会を休会します

【あ】 

第45回北海道連合三田会釧路大会

8月24日(土)、第45回北海道連合三田会釧路大会が釧路三田会の
ホストのもと、六園荘にて盛大に開催されました。
参加者は、清家 篤 塾長はじめ塾来賓4名、函館2名、小樽3名、
苫小牧1名、札幌16名、旭川4名、帯広6名、釧路16名、、総勢52名でした。
プログラムは次の通り(敬称略)

第一部  塾長講演会
        塾長講演    慶應義塾 塾長 清家 篤
                      演題 「奴雁の視点で」
Img_1224s

塾長講演会では、
昨年のオリンピックで活躍した塾生・塾員など塾の近況のお話に続き、
「奴雁(どがん)」即ち、雁の群れの中で仲間が餌を啄ばんでいるときに
一羽だけ首を長くして周りを見張っている雁のごとく、時代の流れに
埋没せず、時代を冷静に観察し、将来を見通すような人材を育成することが、
大学には必要である。福澤先生は学問を学ぶものは「奴雁の視点で」
時代を客観的に見通さなければならないと考えていた、
などの示唆に富んだ講話を頂きました。

第二部  懇親会
        塾歌斉唱
        歓迎の挨拶   釧路三田会 会長 両角 幹彦
                 祝杯                 慶應義塾   部長 蠣崎 元章
        道内三田会     近況報告
        
        中締め       函館三田会   会長  山崎 英二

懇親会は、道内各地三田会の近況報告では、当札幌三田会の
小泉幹事のユーモラスな近況報告を始め各地区からの発表に
会場は大いに盛り上がりました。

Img_1227s Img_1228s Img_1229s

Img_1230s

【た】

北海道連合三田会 釧路大会のご案内

第45回北海道連合三田会は、釧路三田会のお世話で
清家塾長をお迎えして下記の通り開催されることになりました。
昨年の札幌大会同様、札幌三田会会員の皆様の多数のご参加を
お待ちしています。

 ・日 時  8月24日(土)
          16:00  塾長ご講演  17:00  懇親会

 ・会 場  六園荘(ろくえんそう) 
                  住所 釧路市浦見6-3-8  ℡ 0154-41-5116 
         ※ 釧路駅から車で10分程度です

         
            
 ・会 費  10,000円 
 

 ・締 切  7月19日(金) 札幌三田会事務局までお申込下さい
 
        尚、出席の返事を出された方で、欠席される場合は
        必ずご連絡願います

 ・連絡先  電 話   011-200-9097
         Eメール   jimukyoku@sapporo-mitakai.sakura.ne.jp
  

 
       

※ 8月は月例会を休会します

【あ】 

第44回北海道連合三田会札幌大会

8月18日(土)、第44回北海道連合三田会札幌大会が
当三田会のホストのもと、札幌グランドホテルにて盛大に開催されました。
参加者は 清家 篤 塾長はじめ塾来賓4名、旭川4名、帯広4名、函館5名
小樽7名、苫小牧4名、室蘭4名、釧路7名、札幌45名、総勢84名でした。
プログラムは次の通り(敬称略 司会進行は中田美知子 常任幹事)

第一部  塾長講演会
        塾長講演    慶應義塾 塾長 清家 篤
                      演題 「買うことの出来ない価値」
P1010734 P1010735

塾長講演会では、
大学が生み出す価値とは、①大学教育を受けることによって、より良い
所得を得られるという投資財としての価値②大学教育を受けること自体が
課外活動も含めて、勉強を楽しむという消費財としての価値③大学教育を
受けた人が増えることで社会全体の生産性、レベルが上がるという公共財
としての価値、という3つの側面があり、福澤先生が慶應義塾を創った目的も
国のために優秀な人材を育て、近代化に貢献するといった公共的な意味が
あったのです。良い学校とは①よい教育を受けられること②よき友人・先輩
後輩にめぐり合えることであり、学校の価値は卒業生で決まると思います。
こうして三田会の活動を通して、塾員としての絆を深め、社会に貢献されて
いることは、まさにお金で買うことの出来ない価値がそこにあると思うのです
とのお話を頂きました。

第二部  懇親会
        挨拶・乾杯        札幌三田会   会   長      今井  國雄
        道内三田会     近況報告
        エール      応援歌「若き血」斉唱
                         札幌三田会    常任幹事 小泉  光
        中締め      札幌三田会    副会長      福山  恵太郎

懇親会は、今井会長の歓迎のご挨拶と乾杯で始まり
道内各地三田会の近況報告では、次回開催地の釧路三田会を始め
各地区からの発表に会場は大いに盛り上がりました。          

P1010736 P1010741

最後は小泉常任幹事のリードで、元気よく「若き血」を全員で斉唱し、
福山副会長の中締めで閉会いたしました。

【あ】